おじさんだけの悩みじゃない!?女性の加齢臭についてまとめました!

女性の加齢臭には要注意!

女性の方で加齢臭についてあまり気にしていない人がいますが、男性よりかも女性の加齢臭の方が臭いがキツい可能性があります。下記にまとめているので参考にして下さい!

加齢臭って、なに?

加齢臭といえば「おじさんのニオイ」と考える人が多いと思います。でも、実は40代にもなれば、男女問わず加齢臭が発生するというショックなデータが。ではどうして女性はあまり臭わないように思うのでしょう?

加齢臭は、皮脂の酸化によるものだと言われています。その酸化を、女性ホルモンが抑えてくれているのです。ですから、女性ホルモンの少ない男性はニオイが強く感じられるのです。女性でも、閉経前で女性ホルモンが十分分泌していれば、かなり臭わない体だと思っていいかもしれません。ですが40代になるとだんだん女性ホルモンの分泌が鈍ってきます。そういう意味では、まだ生理があるからといってのんきにはしていられません。

また、女性は男性に比べて自分の体臭に敏感です。気づくのも早く、日ごろからデオドラントケアにも熱心です。そういうことも加齢臭を目立たなくさせているといえます。

若くても油断は禁物

一般的には40代から始まるとされている加齢臭ですが、最近は若い人の間でも広がってきているようです。その原因には、食生活の乱れやダイエット、肥満、ストレス、喫煙、飲酒などが挙げられます。ホルモンバランスの乱れが、せっかくの酸化防止作用を損なうのです。まだ大丈夫! などと油断せずに、若い人も生活リズムを整え、臭わない体をキープするよう努力したいですね。

加齢臭は洗濯で対策を

この加齢臭、ニオイそのものは、毛穴の多い頭、うなじ、背中などから発せられます。しかしこのニオイ、水で洗ったくらいでは落ちないのです。そしてシャツや下着などの繊維にこびりつきやすく、なかなかの厄介者。洗濯したはずなのに、なんだか洗いたての下着が臭う…そんな経験はありませんか? それは普通の洗濯では加齢臭の成分が落ちきってないという証拠。

それだけでなく、日中、汗をかいてしまったとき、汗のニオイとは明らかに違うニオイを感じることがあります。加齢臭の成分が、汗に混ざって流れていくためです。この汗が、ワキや背中のニオイをひどくしてしまうのです。

それから、シーツや枕カバーなどの洗濯もマメにしたいものです。先に触れたとおり、うなじや背中はニオイの発生しやすいところ。寝ている間に人間は約200mlの汗をかくといわれています。その汗は下着やパジャマ、シーツなどに吸収されていくわけですから、これを放置しておくと雑菌の宝庫になってしまうのは明らか。ちょっと、怖いと思いませんか。

つまり、洗濯がかなり重要になってくるわけですが、通常の洗剤にクエン酸をプラスするだけでも効果がみられるようです。また、定期的に漂白するのもいいですね。特にシーツや枕カバーは、漂白してスッキリしたものを使い慣れると、気持ちのいいものです。手間をかけるのは面倒、という人には、加齢臭専用の洗濯洗剤なども販売されているので、試してみる価値があると思います。

体のケアはお風呂で解決

もちろんニオイのもとである体のケアも重要です。忙しいからといって、シャワーだけで簡単に済ませていませんか? それでは毛穴が十分開きません。つまり、十分皮脂汚れが落ちません。

適温のお湯にゆっくり浸かって、毛穴を開かせてからシャンプーや体洗いに移るべきです。体を洗う前にお湯につかるのは…と抵抗のある人もいるかもしれませんが、湯船に入る前にたっぷりのお湯で背中やお腹、陰部、足などをすすいでおきましょう。家族が入浴を済ませた最後に入る気遣いもあっていいかもしれません。

シャンプーや石鹸などもデオドラント効果の高いものを選びましょう。デオドラントと称して、強い香りでごまかすような製品には要注意です。できれば無香料のものが、体臭に気づきやすくていいと思います。

洗うときはあまりゴシゴシ擦りすぎないように。にっくきニオイを退治したい気持ちはわかりますが、皮膚が荒れてしまってはケアどころではなくなります。そこでおすすめしたいのが「泡で洗う」方法です。女性なら、洗顔のとき、泡立てネットで泡立てた泡でやさしく洗顔する方法を知っているかと思います。それを体に応用するのです。

泡立てネットそのものは、ドラッグストアでも百均でも手に入ります。これを使って石鹸やボディソープをこれでもか! というくらいにもっちりと泡立てます。その泡を手のひらを使って、体に乗せてはクルクルとやさしく洗うのです。泡が足りなくなったら、また作り足しましょう。この方法ですと、きめの細かい泡が毛穴に入り、たまっている脂をきれいにクリーニングしてくれます。手の届きにくい背中には、柔らかい天然素材の背中ブラシを使ってもいいでしょう。やはり泡をたくさん乗せて、クルクルやさしく洗うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です