あなたのその息、ニオってない?口臭対策方法教えます!

口臭対策方法についてまとめました!

口臭対策方法についてまとめましたので、是非参考にして下さい!宜しくお願いします!!

自分では気づきにくい口臭

誰しも一度や二度は、他人の口臭に嫌な思いをしたことがあるのではないでしょうか。一方で、自分はちゃんと歯磨きしてるから大丈夫! と信じている人も多いかもしれません。しかし口臭の原因は、歯磨きの有無だけでないのです。口腔の状態、体調不良、緊張(ストレス)、内臓疾患から起こることもあります。

まさかの前にもういちど、自分の口臭について考えてみませんか。

まずは基本の歯磨き

一番には、こまめな歯磨きが大切です。ただ漫然と磨くのではなく、虫歯や歯肉炎などがないかチェックしましょう。半年に一度は歯科に検診に行くことをおすすめします。その際、口臭について質問してみるといいでしょう。歯科医はプロですから、適切なアドバイスをもらえると思います。

出先でも、食事をしたらすぐ磨けるよう、歯磨きセットを持ち歩きたいもの。

ささっとさりげなくケアできる、コンパクト電動歯ブラシもおすすめです。化粧ポーチにさっと入るサイズ感、口紅のようなおしゃれな外観ともに、持っていてアガるグッズでもあります。これから、女性のマナーグッズになるかもしれませんね。

ホームケアとしては舌のクリーニングも忘れずに。専用のブラシが販売されていますが、舌を傷めにくいソフトなものを選びましょう。舌の上が白くなるのは舌苔(ぜったい)というものがたまるからですが、これがニオイの大きな原因になります。この舌苔を掻き落とすことによって、口臭はかなり減るはずです。

また、歯周病や歯肉炎があると、そこから腐臭のような嫌なニオイがします。気づいたら即、歯科の受診を。同時にいつもの歯磨きに加え、歯ぐきのケアもするようにしましょう。ドラッグストアなどでも、専門の歯ぐき磨き用ペーストや歯ブラシが簡単に手に入ります。歯科に通う時間のない人も、とりあえずこれは試してみてください。さっぱり感が違います。

内臓の不調からくる口臭

前の夜、寝る前にちゃんと歯磨きしたのに、朝起きてみると口の中に不快感があるとか、喉の奥からニオイが上がってくるような感じを経験したことはありませんか?
 
睡眠中に口中に雑菌が広がることから、朝一番の口の中が一番不潔だとは言われていますが、あんまり気になるようなら内臓の疾患を疑うべきかもしれません。

よくある疾患では消化器のトラブルがあげられます。そのほか、腎臓病や肝臓病でも口臭は発生するのです。オーラルケアはパーフェクトなのに…? と不安のある人は、一度内科で検診を受けてみるとよいかもしれません。

「ドライマウス」への対策

以上、口腔環境や内臓疾患による口臭についてお話しましたが、そのほかに突発的に発生する口臭があります。緊張(ストレス)や体調不良、加齢などから起こる、ドライマウスという現象による口臭です。

ドライマウスとは、唾液の分泌が減って口の中が乾燥した状態のこと。水分不足から、口が乾いた感じやネバネバした感じがしたり、喉の渇きを覚えたりします。

この症状も立派な病気の一つ。歯科や口腔外科での治療が必要です。

ところが、普段は感じないにもかかわらず、緊張からドライマウス状態になることもあります。例えば会社のプレゼン前や、慣れないパーティー、初めてのお客様との営業トークなど、不安と緊張で口がカラカラ、なんてことありますよね。こんなときには緊急セルフケアで乗り切りましょう!

まず喉の渇きを治めるためには、水分、それも経口補水液が有効です。口内や喉がしっかり湿るように、少量ずつ飲みます。胃の中に補水液がたまることで、胃の痛みも和らぐと思います。それから口臭ケア製品を使えば、二段構えで効果も期待できます。

口臭ケア製品は、いろいろな種類がありますので、自分にあったものを普段から探しておくとよいでしょう。液体のものは口中をくまなくさっぱりさせますし、スプレータイプなら手軽で場所を問わず使えます。タブレットタイプは唾液の分泌に繋がります。

ここで注意なのですが、いずれのタイプにせよ「香りでカバーする」製品は避けた方がよいです。なんの解決にもなりませんし、口臭と混じってさらにひどいニオイになる可能性も…。

最近では研究が進み、口内環境を改善してくれる製品がぞくぞく出ています。なかには一般販売していない製品もありますので、少し調べてみるとよいと思います。

相手の鼻の先で臭う口臭は、相手にとってとても不快なものです。人から何も言われなくても、常に気を配ってケアすることが何より大切だといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です