デリケートゾーンの臭いの原因と私なりの対策方法!

デリケートゾーンについて語ります

デリケートゾーンの臭いの原因と私なりの対策方法をご紹介します。

他の人とはちょっと変わった対策方法なので、もしかしたら引いちゃうかもしれませんが長年悩んでいる方がいましたら参考にしてみて下さい。

臭いの原因って何??

臭いの原因は雑菌です。

ずばり、あそこの汗線から出る分泌物やアンモニア臭などが湿った部分によって雑菌が繁殖して、臭いを放ちます。

他には、婦人科系の病気、たとえば子宮内膜症や性病などになっていると、おりものがすごく臭います。あまりにも酷い時は
病院出る診てもらって、治療をするのが一番です。

おすすめの対策方法

私がやっている対策方法ですが、まず、お風呂に入ったら石鹸で丁寧に洗い(洗い過ぎるのは逆効果らしいです)お風呂から出たら、あそこをよく乾かします。

私は、ドライヤーで乾かしています。恥ずかしくて誰にも見せれません。湿ったまま下着を履くと蒸れて臭いの元になりそうだからです。

その後、なんとやっている事は脇の下に塗るスティックタイプになっているのをあそこの脇部分に塗っています。大事な真ん中のゾーンは体に悪そうなので、塗りません。でも、注意書きには脇以外は使わないで下さいと書いてあったような…。

なぜ、思い付いたかと言うと
スソワキガと言う言葉があるから、スソの脇にも使えるんじゃないかと思ったからです。

それを使い出してからは
確かに匂わなくなりました。

汗を防いで匂いを防ぐ。

本当、その通り。
でも、誰かに勧めていいのかは不安です。もちろん、これをやっている姿も誰にも見せられません。

特に、デートの日は念入りにしています。塗った時はデリケートゾーンはスースーします。

あと、きちんとしたところでは、通販で買った物で、臭いを消せるウエットティッシュがあります。ボケットティッシュのサイズなので、バッグに入れてデート中、これからいい雰囲気になりそうっていう時にトイレに持って行けるので安心です。

最近ではドラッグストアーにも同じような物がありました。でも貧乏性の私は、それが無くなると100均で買った赤ちゃんのお尻拭きや、手と口を拭くウエットティッシュを使ったりします。アルコールが入ってないタイプがいいと思います。

あと、デリケートゾーン専用のソープも通販であります。
しかし、私には少々高価な品なので、まだ購入した事がありません。

これも、使ってみるのもいいもしれません。
普通のソープといったい何が違うのか…。確かめてみるのもいいかもしれません。

その他は、ドラッグストアーの生理用品コーナーに置いてあるビデです。中に生理食塩水が入っています。これを使うのは生理の終わりかけの状態の時。臭いもすごく気になる時なので、ビデで洗い流せばスッキリします。

その他には、毛を全部剃ってしまう事。ツルツルになれば毛で蒸れる事ないですもんね。
自分で毛の処理は恐ろしくて出来ません。エステでやってもらうのが一番です。エステでいくら相手が女の人でも、デリケートゾーン見せるのは抵抗がありますもん。ツルツルのあそこ私、興味あります。

デリケートゾーンのムダ毛処理方法などはコチラの下記が参考になりますよ。
デリケートゾーンのムダ毛処理は脱毛サロンに任せるべき!

↑の記事で言っている通りエステやサロンでムダ毛処理をした方が私もいいと思っています。

私は常に、パンティーライナーをしています。お手洗いに行くと、ライナーを剥がしてつい臭いチェックをしてしまいます。

臭う時はたぶん、体調が良くない時。そう、判断しています。

デリケートゾーンが臭うのは悲しい事です。

私は、若かった頃、スカートでストッキングを履いていても、なぜか、プーンと匂って来たものです。若いから、新陳代謝が活発なので匂うんだと思っていました。

その当時は付き合い始めた人がいました。

体の関係が始まるとやはり気になるのはデリケートゾーンの匂いでした。

もしかして、臭いと思われているかも…。そんな事、彼に聞く事なんて出来ません。匂いが気になりだすとエッチに集中出来ません。

彼が下に手を伸ばせた時、なぜか、プーンとなんとも言えないすっぱいような匂いで、いかのおつまみのような匂いがした時はすごくショックでした。かと言って、若い頃は特に、何もやっていなかったように思います。

そして、ここ最近は歳を重ねて来て、エチケットだと考えるようになりました。

デリケートゾーンが臭いおばさんになりたくないですもの。

最後に

私は、スーパー勤務なので、体臭にはすごく気を遣います。

年配のお客様の中にはやはり、何とも言えない体臭を、醸し出している方もいらっしゃいます。
たぶん、スソワキガなんじゃないかと思います。

そんなふうになりたくない私はほのかにいい香りのする女に、なりたい。そう思っています。まだまだ私の事をいっぱい愛してくれる、彼氏がいるのでその為にもデリケートゾーンのお手入れは大切です。

今デリケートゾーンの臭いで悩んでいる方、私の対策方法を参考にしてみて下さい♪

おじさんだけの悩みじゃない!?女性の加齢臭についてまとめました!

女性の加齢臭には要注意!

女性の方で加齢臭についてあまり気にしていない人がいますが、男性よりかも女性の加齢臭の方が臭いがキツい可能性があります。下記にまとめているので参考にして下さい!

加齢臭って、なに?

加齢臭といえば「おじさんのニオイ」と考える人が多いと思います。でも、実は40代にもなれば、男女問わず加齢臭が発生するというショックなデータが。ではどうして女性はあまり臭わないように思うのでしょう?

加齢臭は、皮脂の酸化によるものだと言われています。その酸化を、女性ホルモンが抑えてくれているのです。ですから、女性ホルモンの少ない男性はニオイが強く感じられるのです。女性でも、閉経前で女性ホルモンが十分分泌していれば、かなり臭わない体だと思っていいかもしれません。ですが40代になるとだんだん女性ホルモンの分泌が鈍ってきます。そういう意味では、まだ生理があるからといってのんきにはしていられません。

また、女性は男性に比べて自分の体臭に敏感です。気づくのも早く、日ごろからデオドラントケアにも熱心です。そういうことも加齢臭を目立たなくさせているといえます。

若くても油断は禁物

一般的には40代から始まるとされている加齢臭ですが、最近は若い人の間でも広がってきているようです。その原因には、食生活の乱れやダイエット、肥満、ストレス、喫煙、飲酒などが挙げられます。ホルモンバランスの乱れが、せっかくの酸化防止作用を損なうのです。まだ大丈夫! などと油断せずに、若い人も生活リズムを整え、臭わない体をキープするよう努力したいですね。

加齢臭は洗濯で対策を

この加齢臭、ニオイそのものは、毛穴の多い頭、うなじ、背中などから発せられます。しかしこのニオイ、水で洗ったくらいでは落ちないのです。そしてシャツや下着などの繊維にこびりつきやすく、なかなかの厄介者。洗濯したはずなのに、なんだか洗いたての下着が臭う…そんな経験はありませんか? それは普通の洗濯では加齢臭の成分が落ちきってないという証拠。

それだけでなく、日中、汗をかいてしまったとき、汗のニオイとは明らかに違うニオイを感じることがあります。加齢臭の成分が、汗に混ざって流れていくためです。この汗が、ワキや背中のニオイをひどくしてしまうのです。

それから、シーツや枕カバーなどの洗濯もマメにしたいものです。先に触れたとおり、うなじや背中はニオイの発生しやすいところ。寝ている間に人間は約200mlの汗をかくといわれています。その汗は下着やパジャマ、シーツなどに吸収されていくわけですから、これを放置しておくと雑菌の宝庫になってしまうのは明らか。ちょっと、怖いと思いませんか。

つまり、洗濯がかなり重要になってくるわけですが、通常の洗剤にクエン酸をプラスするだけでも効果がみられるようです。また、定期的に漂白するのもいいですね。特にシーツや枕カバーは、漂白してスッキリしたものを使い慣れると、気持ちのいいものです。手間をかけるのは面倒、という人には、加齢臭専用の洗濯洗剤なども販売されているので、試してみる価値があると思います。

体のケアはお風呂で解決

もちろんニオイのもとである体のケアも重要です。忙しいからといって、シャワーだけで簡単に済ませていませんか? それでは毛穴が十分開きません。つまり、十分皮脂汚れが落ちません。

適温のお湯にゆっくり浸かって、毛穴を開かせてからシャンプーや体洗いに移るべきです。体を洗う前にお湯につかるのは…と抵抗のある人もいるかもしれませんが、湯船に入る前にたっぷりのお湯で背中やお腹、陰部、足などをすすいでおきましょう。家族が入浴を済ませた最後に入る気遣いもあっていいかもしれません。

シャンプーや石鹸などもデオドラント効果の高いものを選びましょう。デオドラントと称して、強い香りでごまかすような製品には要注意です。できれば無香料のものが、体臭に気づきやすくていいと思います。

洗うときはあまりゴシゴシ擦りすぎないように。にっくきニオイを退治したい気持ちはわかりますが、皮膚が荒れてしまってはケアどころではなくなります。そこでおすすめしたいのが「泡で洗う」方法です。女性なら、洗顔のとき、泡立てネットで泡立てた泡でやさしく洗顔する方法を知っているかと思います。それを体に応用するのです。

泡立てネットそのものは、ドラッグストアでも百均でも手に入ります。これを使って石鹸やボディソープをこれでもか! というくらいにもっちりと泡立てます。その泡を手のひらを使って、体に乗せてはクルクルとやさしく洗うのです。泡が足りなくなったら、また作り足しましょう。この方法ですと、きめの細かい泡が毛穴に入り、たまっている脂をきれいにクリーニングしてくれます。手の届きにくい背中には、柔らかい天然素材の背中ブラシを使ってもいいでしょう。やはり泡をたくさん乗せて、クルクルやさしく洗うようにしましょう。

あなたのその息、ニオってない?口臭対策方法教えます!

口臭対策方法についてまとめました!

口臭対策方法についてまとめましたので、是非参考にして下さい!宜しくお願いします!!

自分では気づきにくい口臭

誰しも一度や二度は、他人の口臭に嫌な思いをしたことがあるのではないでしょうか。一方で、自分はちゃんと歯磨きしてるから大丈夫! と信じている人も多いかもしれません。しかし口臭の原因は、歯磨きの有無だけでないのです。口腔の状態、体調不良、緊張(ストレス)、内臓疾患から起こることもあります。

まさかの前にもういちど、自分の口臭について考えてみませんか。

まずは基本の歯磨き

一番には、こまめな歯磨きが大切です。ただ漫然と磨くのではなく、虫歯や歯肉炎などがないかチェックしましょう。半年に一度は歯科に検診に行くことをおすすめします。その際、口臭について質問してみるといいでしょう。歯科医はプロですから、適切なアドバイスをもらえると思います。

出先でも、食事をしたらすぐ磨けるよう、歯磨きセットを持ち歩きたいもの。

ささっとさりげなくケアできる、コンパクト電動歯ブラシもおすすめです。化粧ポーチにさっと入るサイズ感、口紅のようなおしゃれな外観ともに、持っていてアガるグッズでもあります。これから、女性のマナーグッズになるかもしれませんね。

ホームケアとしては舌のクリーニングも忘れずに。専用のブラシが販売されていますが、舌を傷めにくいソフトなものを選びましょう。舌の上が白くなるのは舌苔(ぜったい)というものがたまるからですが、これがニオイの大きな原因になります。この舌苔を掻き落とすことによって、口臭はかなり減るはずです。

また、歯周病や歯肉炎があると、そこから腐臭のような嫌なニオイがします。気づいたら即、歯科の受診を。同時にいつもの歯磨きに加え、歯ぐきのケアもするようにしましょう。ドラッグストアなどでも、専門の歯ぐき磨き用ペーストや歯ブラシが簡単に手に入ります。歯科に通う時間のない人も、とりあえずこれは試してみてください。さっぱり感が違います。

内臓の不調からくる口臭

前の夜、寝る前にちゃんと歯磨きしたのに、朝起きてみると口の中に不快感があるとか、喉の奥からニオイが上がってくるような感じを経験したことはありませんか?
 
睡眠中に口中に雑菌が広がることから、朝一番の口の中が一番不潔だとは言われていますが、あんまり気になるようなら内臓の疾患を疑うべきかもしれません。

よくある疾患では消化器のトラブルがあげられます。そのほか、腎臓病や肝臓病でも口臭は発生するのです。オーラルケアはパーフェクトなのに…? と不安のある人は、一度内科で検診を受けてみるとよいかもしれません。

「ドライマウス」への対策

以上、口腔環境や内臓疾患による口臭についてお話しましたが、そのほかに突発的に発生する口臭があります。緊張(ストレス)や体調不良、加齢などから起こる、ドライマウスという現象による口臭です。

ドライマウスとは、唾液の分泌が減って口の中が乾燥した状態のこと。水分不足から、口が乾いた感じやネバネバした感じがしたり、喉の渇きを覚えたりします。

この症状も立派な病気の一つ。歯科や口腔外科での治療が必要です。

ところが、普段は感じないにもかかわらず、緊張からドライマウス状態になることもあります。例えば会社のプレゼン前や、慣れないパーティー、初めてのお客様との営業トークなど、不安と緊張で口がカラカラ、なんてことありますよね。こんなときには緊急セルフケアで乗り切りましょう!

まず喉の渇きを治めるためには、水分、それも経口補水液が有効です。口内や喉がしっかり湿るように、少量ずつ飲みます。胃の中に補水液がたまることで、胃の痛みも和らぐと思います。それから口臭ケア製品を使えば、二段構えで効果も期待できます。

口臭ケア製品は、いろいろな種類がありますので、自分にあったものを普段から探しておくとよいでしょう。液体のものは口中をくまなくさっぱりさせますし、スプレータイプなら手軽で場所を問わず使えます。タブレットタイプは唾液の分泌に繋がります。

ここで注意なのですが、いずれのタイプにせよ「香りでカバーする」製品は避けた方がよいです。なんの解決にもなりませんし、口臭と混じってさらにひどいニオイになる可能性も…。

最近では研究が進み、口内環境を改善してくれる製品がぞくぞく出ています。なかには一般販売していない製品もありますので、少し調べてみるとよいと思います。

相手の鼻の先で臭う口臭は、相手にとってとても不快なものです。人から何も言われなくても、常に気を配ってケアすることが何より大切だといえます。

冬にくさ~い!寒い冬に体臭を漂わせる女性の特徴3つ!!

冬に体臭が臭い女性の特徴

冬に体臭が臭い女性の特徴を3つまとめました!当てはまっていたら要注意!是非チェックしてみて下さい!

よくブーツを履いている

冬に「くっさ~」と思わず声が漏れるくらいに体臭を漂わせる人はブーツを履いていると言う特徴があります。冬の汗臭さは足元が一番危険!この足元のブーツがぷ~んと嫌な臭いを漂わせる原因になっているのです。

ブーツを履いていると密閉されているためより足に汗をかいています。通気性が悪いブーツでは汗もたくさんかく上に細菌がたくさん繁殖してしまうのです。その結果脱いだ瞬間もわっとしたすごい悪臭に顔をしかめる&しかめられることになります。

毎日同じブーツを履いているというのも冬に体臭を感じる原因になりますね。実は体の中で一番汗をかきやすい部分が足の裏なのですよ。だから愛用のブーツを毎日履いている方はブーツが湿気にまみれていて、周りの人から「くっさ~」と思われる悪臭を発生させている可能性が高いです。注意してくださいね。

髪の毛の手入れがなってない

冬に体臭がする人は髪の毛の手入れがなってないという特徴を持っています。あなたは髪の毛をしっかりと乾かして寝ていますか?乾かしているつもりだけど、いつも若干湿っているということはないでしょうか?この生乾きがなんともいえない体臭に繋がってしまうのです。

髪の毛を洗った日は徹底的に乾かしておかないと髪の毛に臭いがついてしまいます。そしてなんだかぷわ~んと臭いが漂ってしまうのです。夜にお風呂に入って生乾きもいけませんが、朝シャンも危険です。忙しい朝に朝シャンするとゆっくり髪を乾かす時間が取れずに若干湿ったままになってしまうことが多いですからね。こういう習慣が体臭を引き起こしてしまうのです。髪の毛の手入れをしっかりしていないせいで、体臭に悩まされないように注意してくださいね。

汗っかきなのにいつも厚着している

悪臭の原因というのはやはり「汗」なのです。だから汗っかきは冬でも体臭を漂わせる人の特徴になります。汗をかきやすい人は夏程とは言いませんが、やはり汗をかいているのです。しかもあまり自覚のないままかいている場合も多いです。そのせいでそこから臭いが漂ってしまって、「なんだかこの人くさいな~」と思われてしまいます。汗っかきって本当に損ですよね。

まとめ

汗っかきなのに冬だからと言う理由で厚着をしていると言う人は要注意です。寒いのが苦手でつい厚着をしてしまうと言う人はそのせいで益々汗を大量にかいて、体臭がきつくなっていると言う可能性があります。そのせいでなんともいえない臭いが立ち込めるのです。その場その場の場所に合せて、上着は着たり脱いだりしましょうね。その場に合った温度調節をしてなるべく汗をかかないように気を付けましょう。

意外とみんな気づいていない!自分自身の体臭について!

体臭で周りに迷惑をかけていませんか?

他人の体臭ほど我慢できないものはありません。どんなに素敵な人でもどんなに好きな人でもその魅力は半減です。日本人は外国人に比べて体臭が少ないと言われています。体臭からフェロモンが出ているとのことで体臭がする人ほど魅力的だと言われていますが、日本人にはまだまだこの臭いを受け入れられいのが現実です。そんな体臭のきつい人にはいくつかの特徴があったりするのです。

汗をよくかく人は要注意

夏の暑い日にたくさんの汗をかいた後に何となく臭いがするなんてことありませんか?誰でも汗をかきます。そしてその汗によって臭いが発生するのです。汗はもともと体内から出た瞬間はなんのにもいもしない無臭なんです。しかし、その汗をほっておく事で雑菌が繁殖することによって臭いを発生してしまうそうです。とくに汗をかきやすい肥満の人などはいつも汗をかいているので体臭もきつくなってしまいます。

脂っこいものが好きな人も注意

脂っこいものやお肉などタンパク質の多い食事が好きな人は体臭や口臭がキツイと言われています。お肉をたくさん食べた後の汗は臭いがキツくなってしまうのです。お肉を食べることでタンパク質が体内で分解されアミノ酸に変化します。アミノ酸の一部から発生するといわれているアンモニアは本来、尿などによって排泄されるのですが、排泄されずに体内に残ってしまったアンモニアが血液に溶け込んで汗や息として排出されることでニオイが発生してしまうのです。

体臭と年齢の関係

年齢を経てくると男性はおやじ臭がするようになります。しかしこれは男性だけではなかったのです。女性も男性と同じように年齢を重ねるごとに臭いが気になりだしてくるのです。その原因には皮脂が関係していてこの皮脂が酸化することによって独特のおやじ臭い加齢臭を発生させてしまうのです。皮脂量の少ない女性は女性ホルモンによって皮脂の分泌を抑えてきていたのですが40歳を超えるころから女性ホルモンの働きが弱まって皮脂を抑える力が弱まってくることそうです。

まとめ

他人のニオイは意外に受け入れがたいのですが、自分のニオイには気が付かないという人も多いのです。もしかしたら自分も気が付かないうちに周りに体臭で迷惑をかけているかもしれません。脂っこい食事やお肉料理を控えて野菜中心の食生活に正すことで体臭もずいぶんと軽減するといわれています。また、汗をかいたなと思ったら清潔にしてあげることも大切です。せっかくの魅力も体臭で半減させてしまうのはもったいないですね。

「なんだか臭うよ!?」体臭がする女性の特徴3つ!!

体が臭い女性の特徴まとめ

体が臭い女性の特徴を3つまとめましたので、参考にして下さい!

体型がポチャッと太っている人

太っている人って体臭が強いと思いませんか?私は今までの体験上、痩せている女性よりも太っている女性の方が体臭が強いと感じます。おそらく体臭は汗からくるからでしょうね。太っている人ってやたらと汗っかきでちょっと暑いと汗びっしょりになりますよね?このせいで汗臭くなって体臭が酷くなるのです。また太っている人って偏見かもしれませんがお肉も好きですよね?お肉が好きな人って口が臭くなりやすく体臭を感じやすいのです。

おまけに肥満気味で、ダイエットのやり方に失敗しても体臭が強くなります。例えば食事制限によるダイエットに励んでいると唾液がたくさん増えて臭くなるし、炭水化物を食べないダイエットや糖質を制限するダイエットをすると「ケトン臭」という臭いがして体からツーンとするような臭いを感じるようになるみたいです。だから太っていてさらにダイエットに手を出している人は要注意です。こういう人こそ体臭が強くなってしまうのですよ。

部屋が汚く掃除が嫌いな人

また部屋が汚いという人もなんだか変な臭いがする人が多いですよね?部屋が汚くて掃除が嫌いな人は「キレイにしよう」という気持ちにならないのです。「汚くてもいいか~」と汚い部屋で普通に生活ができます。普通の人と感覚が違っているため、体をキレイに洗っていなかったり、2~3日に1度しか髪を洗わなかったり、そんなことが平気でできます。だから体臭がきつくなるのです。

部屋から臭いが染みつくだけじゃなく、部屋の臭いになれきって自分の体臭が臭っていても気づかないのも原因の一つです。汚い部屋にいすぎて鼻が利かなくなってしまうのでしょうね。だからこのような特徴がある人は体臭が強いのです。

何らかの病気持ちの人

最後にどんなにきれいにしていても体臭がしてしまう人っていますよね?それって遺伝ということも多少あるかもしれませんが、なんらかの病気にかかっているということもありますよ。病気の人の中に体臭が強い人が多いと聞いたことがあります。病気のせいで強烈な体臭が発生してしまうのです。

甘いような酸っぱいような臭いは糖尿病の可能性あり、どぶっぽい臭いやカビっぽい臭いは肝臓の病気、腐った卵のような臭いは胃腸の病気など様々な病気の可能性があるのです。このような特徴的な臭いがする人は病院にかかったほうがいいかも!どうしても臭いが無くならない原因が分からない体臭はこのような病気にかかっている人が多いみたいですよ。